カテゴリー:日本ミツバチ

  • 2018.05.16

日本ミツバチ採蜜

今回は日本ミツバチの採蜜の方法を記載していこうと思います。 といっても、 ①重箱式ミツバチの巣箱5段重なっている内の上段部分だけをワイヤーを使い巣箱から切り離す ②切り取った巣箱からミツバチの巣を取り出す ③煮沸消毒しておいた鍋の中にミツバチの巣を入れ、巣蓋を切り取り包丁でマッシュする ④もう一つ煮沸消毒しておいた鍋とザルを準備し、マッシュして蜜と蜂の巣が混ざりあった物を先ほど準備しておいたザルの […]

  • 2018.04.14

4月11日に分蜂

記事にするのが遅れてしまいましたが、雨上がりで比較的穏やかな朝に分蜂しました。群れの塊が最初の分蜂にしては小さいような?気がするので、もしかしたら気がつかない内に1群飛び立っている可能性があります。 木の根元にある巣箱       木陰で蜂が飛び立ち易いように少し高くしてあります。 オススメの集合板        この大きな籠を逆さにした集合板はとてもオススメです。籠の内側の底に蜜ろうを垂らしてひ […]

  • 2018.04.10

日本ミツバチの分蜂はまだ?

雄蜂の巣蓋  4月8日に現在すでに入居している蜂の箱を確認したら雄蜂の巣蓋が大量に落ちていました。 黒いのが雄蜂  4月9日に雄蜂を目視しました。この日は天気も良く多少、風が出ていましたが比較的気温が高かったので15時くらいに雄蜂が巣箱から飛び立つピークがありました。 一方、キンリョウヘンを設置した待ち箱は4月9日がピークで4月10日には一匹も飛んできませんでした。 ここ数日風が強く吹く気象条件が […]

  • 2018.04.04

金稜辺に日本ミツバチが集まり始めています。

4月2日から金稜辺の開花した株を待ち箱の前に設置しています。設置してから直ぐに1匹のハチが訪花していて期待が高まります! 住んでいる地域によっても異なりますが、筆者が住んでいる地域の分蜂時期は5月の連休あたりがピークだった記憶があるのですが、年々早まっているような気がします。 金稜辺の花にハチが来てから箱に入るまでの日数ですが、その日に入ってしまった事もありますし、1週間訪れて全く入らない時もある […]

  • 2018.03.12

日本ミツバチの巣箱LIVE

そろそろ日本ミツバチの分蜂の季節ですね。 新米の蜂が卵のお世話係りから、花の蜜や花粉を採取しに巣の外へ行く採取係りに格上げになります。その時にちゃんと帰って来れるよう巣箱の周りを確認しながら飛びます。それを時騒ぎといいます。この行動が始まると分蜂が近いです。 蜂をまだ飼っていない方は日本ミツバチがどのような生態なのか、分蜂時はどのような動きをするのかなど実際に見たいだろうと思いますので記録に残して […]

  • 2018.01.19

日本ミツバチの捕まえ方

日本ミツバチの捕獲方法 1、待ち箱を作り置いておく(蜜ろうを塗ったり、キンリョウヘンという中国原産の蘭を置いておくとなお良いです) 2、分蜂した蜂を捕まえる(分蜂の回数を繰り返す事に群れが段々と小さくなってしまいますのでなるべく早い段階で捕まえると良いです) 普通に生活していたらなかなか接点の無い日本ミツバチですので一番最初に出来る事は待ち箱を設置するのが捕獲の可能性が一番高いと思います。自己流で […]

  • 2018.01.18

日本ミツバチの摘み食い

今日は一日穏やかな日でした。気温も暖かめだったのでミツバチ達は朝から花粉集めと蜜集めに忙しそうでした。 冬のミツバチは寒い時はじっと巣の中に籠ってあまり外に出ません。気温が暖かくなると冬に咲く花は少ないのに、それでも勢い良く巣から出ていきます。そして何処から見つけてきたのか?と感心するくらいに花粉や蜜を集めてきます。 蜂のコロニーには役割があって女王蜂は卵を産み、若い働き蜂は赤ちゃんの子守り、年配 […]