金稜辺に日本ミツバチが集まり始めています。

金稜辺に日本ミツバチが集まり始めています。

4月2日から金稜辺の開花した株を待ち箱の前に設置しています。設置してから直ぐに1匹のハチが訪花していて期待が高まります!

住んでいる地域によっても異なりますが、筆者が住んでいる地域の分蜂時期は5月の連休あたりがピークだった記憶があるのですが、年々早まっているような気がします。

金稜辺の花にハチが来てから箱に入るまでの日数ですが、その日に入ってしまった事もありますし、1週間訪れて全く入らない時もあるのでその蜂群の性質など色々な要因が関係していると思いますので、始めて蜂飼いに挑戦する方は慌てないように事前に準備をして気長に待つ事をオススメします。蜂が入らない事の方が多いのですから。

待ち箱の設置場所はかなり悩みます。入るか、入らないか左右されてしまいますから。現在、蜂が入居している箱は木の根元に設置してあり(夏の暑さを少しでも和らげるため)、ハチの出入りする入口には障害物がなく(スムーズに出入りできるように)、飛び立ち易いように少し高くしてあります。なので待ち箱も同じような条件の場所を選んでいます(知り合いの蜂を飼っている方はミツバチの箱を受粉のためカンカン照りの畑に置いていますが逃亡していませんでした)長く日本ミツバチを飼っている人でさえ、よくわからないと言っているくらいですから経験をして何となくこんな感じかな?と探り探りやっています。

日本ミツバチが訪花している姿をLIVE配信しています。アーカイブを残してありますので興味がありましたらご覧ください。

3時間30分ぐらいから段々と日本ミツバチが集まり始まりました。最大で6匹くらいでした。

日本ミツバチカテゴリの最新記事