ステンドセラミックのあかり制作2018年3月分

ステンドセラミックのあかり制作2018年3月分

今回制作しているのは結婚式のウェルカムボードを明かりに置き換えたウエルカムランプ(仮)です。

結婚式でよく使われるのは似顔絵イラストのウエルカムボードやウエルカムドールですが、式が終わった後にもなかなか飾っておく機会がないかと思います。このウエルカムランプは結婚式が終わった後でも玄関先の間接照明やルームランプに使える。というコンセプトで制作スタートしました。

ランプのデザインは大木の下に新郎新婦が仲良く並んでいるイメージで描き、書き込んだ文字はJust Marriedでした。

焼き物の技法である象嵌(ぞうがん)を施す
木の幹部分をえんぴつで下書きをし、そのラインを小刀で削り出し、出来た凹み部分にステンドセラミックの材に茶色の顔料を混ぜた物を入れ、乾いてきたら余分な部分を削り出し表面を整える。

葉っぱの部分を加飾          
下絵を施していきます。ダーク系のグリーン2種類と黄緑色を1種類。それらをランダムに入れていきます。

Just Marriedの文字にも象嵌を施す   
木の幹と同様に文字の部分に象嵌を施していきます。

新郎新婦のフォルムにも加飾     
新郎新婦のから事前に頂いていた写真を元にフォルムをランプのボディーにえんぴつでフォルムを描き込んでいきます。そのラインを削り出し、そこに象嵌を施し、その上から黄色い顔料を混ぜたステンドセラミックの材を重ね付けしていき2人の身体だけ立体感を出しました。最初のアイディアでは影のイメージだったのでグレーや紺色を考えていましたが、結婚式で使用する物だったのでなんとなく黄色に変更しました。
焼き上がりまでイメージ通りに焼き上がるか心配ですが、ひとまず完成です。生の状態ですのでこれから素焼きまで窯の中で待機です。

焼き物カテゴリの最新記事