オススメのヒヤシンス

オススメのヒヤシンス

雨上がりの庭に、購入時から庭に植えっぱなしのヒヤシンスが満開に咲いていました。ヒヤシンスと聞くと、ど派手な色のありふれた面白みのない花と思いがちですが、現在は新品種が色々と出ていて個性的なものから色が洗練されているものまで様々で、ヒヤシンスを一輪だけ活けても十分引き立ちますよ。おまけにとーっても良い香り(イメージは真っ白な石鹸の香り)がします。

ヒヤシンス“ウッドストックワインレッド” 
            
            
このヒヤシンスは大人色の渋い感じがとても気に入っています。ワインレッド色がとても落ち着いていて庭でひときわ目立つ色ですが派手さが全くないので他の花々に溶け込んでいます。

ヒヤシンス“アナスターシア” 
            
            
黒軸にブルーがとってもカッコイイ花です。他のヒヤシンスに比べて花付きが抑えられているので、すっきりとした印象です。この花だけで花束を作ったら素敵ですね。

ヒヤシンス“チャイナピンク” 
            
            
この優しいピンク色、今までのヒヤシンスには無かった色です。淡い色合いの色彩は見ていてホットしますね。コーヒーでも飲みながらぼーっと眺めていたいヒヤシンスです(笑)

ヒヤシンス“カーネギー”
            
            
真っ白なヒヤシンスですが蕾は微かにグリーン色をおびていて、とても清潔感のある色合いが素敵な品種です。

ヒヤシンスは庭植えすると毎年咲きますのでオススメです。筆者がヒヤシンスの球根を購入したのが2015年なので少なくとも3年は開花しております。肥料や掘り起こしはせず植えっぱなしなので、肥料などをあげれば球根が充実して花付きももっと良くなるかもしれませんね。梅や桜に加えて春の訪れの楽しみが増えますよ。

花・木カテゴリの最新記事