極小バラの植木鉢制作

極小バラの植木鉢制作

極小バラや多肉植物を入れられる手のひらサイズで可愛い形の植木鉢を制作しています。

園芸店に行くとプラスチック製の植木鉢が販売されていますが主流サイズは4号鉢(直径12cm)です。手のひらサイズの植木鉢3号サイズ(9cm)以下の鉢を探すとポリポットが主流になってきます。形にこだわりがあって受け皿もセットでというとなかなか見つけるのに苦労しませんか?


底部分が口部分より微妙に大きく作ってあり、全体のフォルムがストンとした形でありながら他にはないような可愛らしさを出すように工夫しています。


確実に鉢底から受け皿に水が流れ出すように高台には切り込みを入れてあります。


鉢底の穴は根腐れ防止のため、穴を三個開けてあります。


鉢と同じデザインの受け皿も作っていて、こちらも鉢のデザインに合わせてエッジの効いた形にしてあります。受け皿の縁の高さは低めですが植木鉢と受け皿のフォルムのバランスを考えてこの高さにしました。

現在は生の状態なので、ある程度作品を溜めてから素焼き、本焼きの工程を経て完成まで約一か月かかります。焼き上がりの作品が見たい方は一か月後にまたブログに遊びに来てくださいね(笑)

焼き物カテゴリの最新記事