ロサペルシカの種が発根しました

ロサペルシカの種が発根しました

1月15日にロサペルシカの種を蒔いてから46日目にして真っ白な根が確認できました。

正直、発根すると思っていなかったので黄色い花びらと赤いブロッチが見れるかもしれないと思うとドキドキします。一季咲きと記載されていたのですが日本の季節では、いつ頃開花するのか?発根したその年から花が見れるのか?未知な事が沢山あって、実際にこのブログで解明する事ができたら良いなと思っています。

発芽までの環境は、ほとんど腰水をしたまま野外に放置でしたが凍結、解凍を繰り返すように夜は庭で一番霜柱が出るような場所、日中は日光が良く当たる場所に移動しました。また天気の良い日は蒸発して腰水の水位が下がってしまうので補充して土が常に保水される事に気を配りました。今思うと種を購入した時期も良かったのかもしれませんね。しっかりと寒さを経験させてあげることで春が来ると認識させる事ができたのかもしれません。

これから、春、夏と気温が上昇して湿度が上がるとロサペルシカにとって過酷な気象条件となると思うので、少しでも改善できる方法がないか考えなくてはならないですね。

ロサペルシカの種は3粒を蒔いたのですが、発根確認をした最初の一粒目から根を発見してしまったので、残りの2粒の発根確認するのを忘れていました!この記事を書きながら思い出しました(笑)明日確認します。

今後もロサペルシカの成長記録を書いて行こうと思います。

2018年3月3日追記:蒔種したロサペルシカの種、3粒中2粒が発根していました。

種の発芽検証カテゴリの最新記事