ひまわりスープマグカップ

ひまわりスープマグカップ

今日の制作はひまわりスープマグカップの色植縄紋部分と取っ手を付ける作業です。動画は音声はありませんがBGM付きです。動画の長さは約2時間です。

色植縄紋の色粘土を用意し、直径1mm程度のヨリを作ります。

スープマグカップのボディーの一部分に半円形のデザインを施し、しるしを付けます。

しるしを付けた部分に竹の道具で色植縄紋の紋を張り付けていきます。張り付ける6種類の色粘土は感覚で取り分けながら貼り付けます。

スープマグカップのボディーは作業をしているうちに乾燥してくるので乾いてしまった場合は作業を止め濡れフキンでかぶせて含水率を戻します。

取っ手に付ける接着剤の役割でもある泥漿(でいしょう)を準備し、取っ手を取り付けたい場所に針で傷を付け、くっつき易いようにします。

傷を付けた部分に泥漿を乗せその上に取っ手をかぶせます。取っ手が長い場合は下の部分をカットしてサイズを合わせます。

取っ手とボディー、色植縄紋を馴染ませるために布フキンを掛け、室(ムロ)へ入れて次の日まで寝かせておきます。

ヨリとは:粘土をひも状に伸ばしたもの事

室(むろ)とは:粘土が乾かないように一定の湿度を保った部屋の事

焼き物カテゴリの最新記事