念のため土の下準備

念のため土の下準備

昨日から引き続きロサ・ペルシカの種は水の中です。出来るだけ発芽チャンスを上げるため土を焼いて殺菌します(気休めかもしれませんが)
いろいろと調べるとロサ・ペルシカの故郷キルギス共和国と札幌はほぼ同緯度なんですね。夏は乾燥していてとても暑く、冬は一定の降水量があり寒冷。寒暖差が激しい

      キルギス            栽培地
1月   -7℃~5℃         -4℃~9℃   
2月   -5℃~5℃         -3℃~10℃
3月    1℃~13℃         0℃~13℃
4月    7℃~20℃         6℃~18℃
5月    12℃~25℃        11℃~22℃
6月    16℃~30℃        16℃~25℃
7月    18℃~33℃        20℃~29℃
8月    16℃~32℃        21℃~30℃
9月    11℃~26℃        18℃~27℃
10月   5℃~18℃         11℃~21℃
11月   0℃~10℃         4℃~16℃
12月  -6℃~5℃         -1℃~12℃

この表を見る限りキルギスの気温にあわせると8月、9月は最低気温を下げて湿度問題を改善10月、11月、12月は全体的に温度を低くしなければいけないですね(仮に発芽したらの話ですけど~)

1月~7月は私が育てて8月~12月は北海道のどなたかにバトンパスしたら育てられるかもしれない!!まあ、発芽しなくてもこんな事を考えているだけで楽しいのです。

種の発芽検証カテゴリの最新記事