最近気になっているもの

最近気になっているもの

ロサペルシカというバラの種を入手しました。黄色くて真ん中に赤いブロッチが入ったあのバラです。栽培が難しいあのバラです。
ネットで色々調べてもウィキペディアをみても情報が少ない!なんせ高温多湿が苦手な上に現地以外での栽培は極めて困難と書かれていますから育てようと思う人も興味がある人も少ないでしょうからね。

まあ99%発芽は無理!!!と思いながらも指がポチリとボタンを押してしまったのです。

今までの経験上、一か月ぐらいして蒔き床に種が見あたらない事態になり、もしかして水やりの時に土の深くに潜ってしまったのではないかと現実逃避をして土をかき回し結局、種が溶けてしまったという事実を突きつけられる。この記事をみている種から植物を育てた事のある人なら経験した事はあると思います。それでも気になる事は挑戦してみたいですからね~ロサペルシカ種の故郷キルギス共和国付近の冬の時期は雨が降っているので、目標は同じような環境を再現する事です。

砂漠の浪漫ロサペルシカ残りの1%に賭けて栽培スタート!

一日目:まずは水に浸けておきます。輸入種子は乾燥しているので十分な吸水が必要なのと、種に果肉が付着していると発芽抑制物質が影響して発芽しにくくなるので洗い流す事が重要です。バラの種皮が堅く油分を含んでとにかく吸水しにくい構造になっているらしいので1に水、2に水、3、4がなくて5に水です。

種の発芽検証カテゴリの最新記事