ブログを始めました

ブログを始めました

2018年を迎え、新たに興味のあること記録に残したいと思える事が出来たのでブログを始めました。「サイト案内」にも記載しましたが草花、日本ミツバチ、焼き物の記事がメインです。

ブログのタイトル色植~しきしょく~の由来ですが、これは筆者が仕事としている焼き物の技法の名前です。2009年頃から縄文土器や土偶の紋様に興味を持ち作品に取り入れてきました。縄文の技法はとてもレベルが高く集中力と技術力、発想力、経験を踏まえた新しい技法の獲得など長けていて、年代を追っていくうちに作品がどんどん進化していくのがわかります。縄文の作品の魅力は貴重な文化遺産でもあり、アイデンティティーがある所です。細かいデザインや複雑な形を制作する人もいればデフォルメをして究極までそぎ落として表現する人もいる。

そんな魅力を見ているうちに模写から始まり紋様を自分で考えて作品を制作するようになり、そこから縄文の技法を現代風にアレンジしたアイディアが生まれました。色とりどりの粘土を取り分けながら竹の道具で一粒一粒植えていくような様子から、このような名前をつけてもらったのですが(父)、色を植えるという言葉は広がりを感じるのと色々な意味で夢があってとても気に入っているのでブログのタイトルにも使いました。

作品制作のかたわら趣味程度にしている事はガーデニングと日本ミツバチの養蜂です。ガーデニングは主に山野草と芝、バラをメインにやっていて最近特に気になっているのが極姫バラとか極小バラとかいう花径が1cm程度のとっても可愛いバラです。調べた限りでは15種類くらいあります。

・雛乙女
・雪姫
・ワンダーファイブ
・さくら
・みさき
・ホワイトウッズ
・リトルウッズ
・人魚姫
・黄金姫
・桃姫
・姫紅貴
・こんぺいとう
・ほほえみ
・愛美
・屋久島テリハノイバラ
・おりひめ
・グリーンダイヤモンド

少し花径が大きめなバラも含まれていますが一般的なミニバラより小さい品種です。機会があればオリジナルのバラ育成もチャレンジしてみたいです。極姫バラとか極小バラの情報をお持ちの方是非ともコメントよろしくお願いします!

日本ミツバチの養蜂は記憶が定かではありませんが2007年頃から飼っています。日本ミツバチはその群れごとの性格もありますが蜜を取りすぎたり巣箱を移動したり、色々な要因で巣箱から逃げ出す事が多いです。これから養蜂したい人にとってもこのブログで日本ミツバチの有意義な情報を発信していけたらと思います。

雑記カテゴリの最新記事